• TOP
  • 一年の疲れを癒したい! ~ハレバレおすすめのマッサージ機をご紹介~

一年の疲れを癒したい! ~ハレバレおすすめのマッサージ機をご紹介~

少し気が早いですが、今年も1年お疲れ様でした。
ついつい頑張りすぎてしまって、疲れが溜まっていませんか?
ただでさえ忙しい年末年始、お家でお手軽に疲れを癒せたら嬉しいですよね。
今回は、1年間の疲れが癒される、ハレバレおすすめのマッサージ機をご紹介いたします。

LIFE FIT エアー4

思いきり伸びて気持ちいい!
空気の力で筋膜リリース、寝転ぶだけでゆがみストレッチ!

  • 平らな場所に広げたマットに寝転ぶと、内蔵された4つのエアバックが左右交互に膨らみ、肩や肩甲骨、脇腹や骨盤周り、腰脇などの筋肉を伸ばしてくれます。自分自身では伸ばしづらい箇所も、寝ているだけで無理なくストレッチすることができます。

    LIFE FIT エアー4

全身のゆがみやこりの原因となる筋膜の縮み

最近全身のゆがみやこりの解消方法として注目されている言葉に、”筋膜リリース”があります。このメソッドはもともとリハビリ治療の一つとして専門家の間で取り入れられており、筋肉を覆う膜(筋膜)を正しい状態に戻すことで、全身のこりや不調に働きかけます。
筋膜をのばすのに必要なのは、点ではなく面からの圧。痛いと感じるのは負荷がかかりすぎの証拠で、気持ちいいぐらいの感覚が丁度良いと言われています。

LIFE FIT エアー4はぐりぐりと刺激を送ってコリをほぐすタイプのマッサージ機ではありません。気持ちよく身体が伸びている感覚を感じたら、しっかりと筋膜が伸びている証拠です。

実際に試してみました。

  • ボタンを押すとエアーバッグに空気が注入され、写真のように背中が持ち上がりました!じわーっとゆっくり、肩甲骨を気持ちよく伸ばしてくれます。
    コースによって、上下左右にある4つのエアバッグが膨らみ、上半身のストレッチをサポートしてくれます。

    操作はボタン一つでとても簡単。ボタンを押す回数でコースの選択が可能です。

    マットは丸めてコンパクトに収納出来ます。

    マットは丸めてコンパクトに
    収納出来ます。

フジ医療器 トラディS マッサージチェア TR-20

骨盤まわりを徹底にマッサージ
自動検知機能で利用者にあったマッサージポイント、強弱を調整

内蔵された20個のエアーバッグが肩・腕・骨盤周り・脚部をじっくりとほぐしてくれます。

特にコリがひどい方の多い、肩、背中、腰の部位で大活躍してくれる4つ玉式メカユニット「GRIP式メカ2.0」を搭載。もみ、たたき、もみながら叩くさざなみ、背筋伸ばしの4つのもみ技を展開します。 嬉しいのは肩、腰は5段階、背中は2段階と部位ごとに気持ちいいもみの強さを選べること。さらにGRIP式メカ2.0は首からお尻まで広い範囲をもみほぐしてくれます。

また、特筆すべきは座面ともも横に配置したエアーバックが骨盤周りを包み込んでひねるように動く「骨盤モード」を搭載。この骨盤モードで立体的なもみほぐしが可能に。

フジ医療器 トラディS マッサージチェア TR-20

これ1台で全身のツボをしっかりほぐし、極上の癒やしを提供してくれます。ハレバレでは搬入下見サービス、5年保証のサービスもあるので、安心してお買い求めいただけます。

マシュア フットマッサージャー エアーマッサージャーF AM-40

収納するとマシュマロ型クッションに変身
「足先ホッとヒーター」搭載 脚全体を包み込むブーツ型マッサージ機

むくみでお悩みの方に救世主。膝下全体を包み込むブーツ型のフットマッサージャー。足先ホットヒーターにつま先を入れて使用します。

  • エアーバックが左右あわせて14個搭載されており、以下のマッサージ機能が実現。

    • (1) ふくらはぎ:小指側・中央・親指側に配した3つのエアーバックによる”ミルキング(しぼりあげ)マッサージ”
    • (2) 足首:2個のエアーバックによるぎゅっとつかむような”つかみもみマッサージ”
    • (3) 足裏:2個のエアーバックによる上下からはさむような”しっかり指圧マッサージ”

15分の自動コースは、足全体を念入りに加圧してもみほぐす”引き締めコース”と、エアー給排気が小刻みに繰り返され、脚を上下にリズミカルにもみほぐす”パルスコース”を用意。

なにより嬉しいのは、使用後の収納。付属のカバーを被せれば、簡単にお片付けが出来ます。マシュマロ型のカバーはインテリア性も◎。誰もこれがマッサージ機だとは気づきません。

今回ご紹介したマッサージグッズは、もちろん日々の疲れを癒すのにも最適です。お家でお手軽にできるストレッチやマッサージで、心も体もリラックス。今年の疲れは持ち越さず、リフレッシュして新年を迎えましょう!

share!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE