• TOP
  • お部屋に植物を飾ろう -鉢カバーの選び方・使い方-

お部屋に植物を飾ろう -鉢カバーの選び方・使い方-

観光植物を室内に飾るときには、鉢カバーを使うのがオススメです。
観葉植物を飾りたいけど、どんな鉢カバーが合うのか分からない方、そもそも鉢カバーって植木鉢と何が違うの?という方に、
鉢カバーの選び方や使い方をご紹介します。

鉢カバーとは?鉢カバーとは?

一般的に販売されている観葉植物は、プラスチックの簡易的な鉢に入っていることが多く、そのまま飾るのは味気ないし、土が落ちたりしてしまいます。そんなときに活躍するのが、鉢カバーです。
通常、鉢よりひとまわり大きいもので、籠のようなものや、陶器製、ストーン製などお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

鉢カバーに直植えされている観葉植物もあるし、陶器のものだと、植木鉢なのか鉢カバーなのか、分からないこともありますよね。
でも、見分け方は簡単です。

底面に水抜きの穴がある=植木鉢(ポット、プランター)
底面に水抜きの穴がない=鉢カバー

なんです。

植木鉢と鉢カバーの比較

鉢カバーは必ずしも必要なものではありませんが、植木鉢のまま植物を室内に置くと、下に水受けを置かないと水やりのたびに部屋が濡れてしまいます。
または水が出きった後に室内に戻さなければならないという手間も発生してしまいます。

鉢カバーのメリット鉢カバーのメリット

鉢カバーを使う主なメリットは、保温効果があることや水を捨てる手間がないことなどが挙げられます。
保温効果は花を咲かせるにあたって、ある程度の温度調整が必要な蘭科などの植物には最適です。

鉢カバーがないと、観葉植物に水をやるために水場に鉢を持っていき、水をやり、水が出切るのを待ち、また室内に戻す、という手間がかかります。鉢カバーに入れておけば、そのまま水をあげるだけです。しかし、毎日水やりが必要な植物などは、根腐れを起こす危険があるので、鉢カバーの使用は避けた方が良いでしょう。
あまり水やりが頻繁に必要ではない、多肉植物などの観葉植物が向いています。インテリアとあった雰囲気の鉢カバーを選びたいですね。

鉢カバーの選び方鉢カバーの選び方

植木鉢のサイズの単位、“1号(寸)” は約3センチ。店頭で販売されている観葉植物で、一番よく見かけるサイズが3号や4号。
片手で持てるくらいの大きさで、テレビの脇やキッチンなどに飾るのにちょうど良いサイズです。

鉢カバーは、植木鉢より3センチほど大きいものを選ぶと良いので、植木鉢の号数よりひとつ上のサイズの鉢カバーが適しています。
また、鉢カバーから植木鉢が見えてしまうと見栄えが悪くなってしまうので、高さを測っておくと良いでしょう。

飾る場所別 おすすめの鉢カバーと観葉植物飾る場所別 おすすめの鉢カバーと観葉植物

  • キッチン・ダイニングテーブル

    衛生面が心配な方には、ハイドロカルチャー(土を使わない水耕栽培の植物)がオススメです。また、ごちゃっとしがちなキッチンには、天井から吊るす鉢も良いでしょう。
    風水的には、火の気と水の気を持っており、強い気がある場所なので、葉っぱが上向きの「陽」の性質がある植物が良いそう。

  • キッチン・ダイニングテーブル
  • 寝室

    身体を休め、一日の疲れをとる場所でもある寝室では安らいだ気持ちで過ごしたいですよね。丸い葉っぱの植物や葉が下向きに生えている「陰」の植物は、気持ちを穏やかにするリラックス効果があるそうです。風水的には気が停滞しやすいので、隅や家具の角などに鉢を置くと良いそう。
    湿気がこもりがちなので、木製や素焼きの鉢カバーがオススメ。

  • 寝室
  • 浴室・洗面所

    浴室や洗面所は風水的に水の気が溜まりやすく、健康運に関係するため、清潔を心掛けたいもの。
    土を使わず虫もわかない、ハイドロカルチャーがオススメです。白い陶器製の鉢カバーで統一すると清潔感のある空間になります。

  • 浴室・洗面所

share!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE