• TOP
  • ハリオのご飯釜で炊いてみた。 [vol.4]

ハリオのご飯釜で炊いてみた。 [vol.4] 〜秋の味覚の蒸し野菜編〜

過去3回にわたってハレバレの特集で取り上げてきた「HARIOフタがガラスのご飯釜」。 炊き込みご飯、雑穀米、おかゆを炊いてみましたが、今回は「ご飯釜」=「お米を炊く」の概念を飛び出し『蒸し野菜』に挑戦しました。季節の野菜をご飯釜で「蒸す」ことによって、秋野菜の旨味をより一層堪能できます。

材料(2人前)

  • にんじん:1本
    インゲン:5〜6本
    白菜:1/3個
    エノキ:1パック
    豚バラ肉:200グラム
    料理酒:少々

  • 《ドレッシング用食材》
    柚子胡椒:適量
    ポン酢:適量

作り方

  • 下処理をした食材をご飯釜に
  • 白菜はよく洗って食べやすい大きさにカットします。エノキは石づきを取って食べやすい大きさにほぐし、にんじんは5ミリ厚の輪切りに。インゲンはヘタを切り落とし、スジを取り、食べやすい大きさにカットします。

    下処理をした食材をご飯釜に
    白菜→にんじん→エノキ→インゲン→料理酒→豚バラの順に入れていきます。

  • 野菜に蓋をするようにお肉を置くのがポイント。
  • 野菜に蓋をするようにお肉を置くのがポイント。 こうすることによって、お肉の旨味が野菜全体に染み渡ります

  • 蓋をして普段のご飯釜の使い方と同じく、強火にかけます。
  • 蓋をして普段のご飯釜の使い方と同じく、強火にかけます。

  • 強火で10分ほどすると、弱めの「ヒィ〜」くらいの音が鳴ります。
  • 強火で10分ほどすると、弱めに「ヒィ〜」っと音が鳴ります。音が鳴ってから更に5分ほど加熱し、かさが減ってきたところで火を止めます。 余熱で10分ほど蒸らせば完成です。

  • 水は入れていないのに、野菜から出た水分でしっとり。
  • 加熱前に少量加えたお酒と野菜から出た水分で焦げ付くことなく仕上がりました。蒸らすことでニンジンにもしっかりと火が通り柔らかく仕上がりました。加熱しすぎると釜の中の水分がなくなってしまい、野菜が焦げてしまうかもしれないので注意が必要です。

完成

いざ実食!白菜、柔らか〜!にんじん、甘〜っ! 不思議なのが、調味料を入れていないのに、旨味がたっぷりだったこと。エノキもそのままパクパク食べられちゃいます。 調理に参加していないスタッフに振る舞ったところ、塩の味がする!とも。すべて、豚肉の旨味なんです。野菜本来の甘みが引き出され、お肉もジューシーに仕上がりました。 お好みでポン酢や柚子胡椒を付けても美味しくいただけます

出来上がり

お米を炊くこと以外に使うことは初めてだったので、予備の材料を用意していたのですが、思いのほか一回目で大成功。
豚肉のほかに鶏もも肉、お肉の代わりにタラなどの白身魚やエビ、アサリなどの魚介類の調理にもおすすめです。

とても簡単なので、ぜひ試してみてください!

使用した商品はこちら
  • 「ご飯釜 二〜三合専用」

    美味しさが見える。火加減調節不要の2〜3合専用ご飯釜と電子レンジも使えるガラスの一夜漬け器のセット。
    ※こちらのご飯釜は“直火用”になります。IH調理器のご使用はできません。IH対応ご飯釜はこちら

    商品詳細を見る

share!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE